2018-01-21(Sun)

【クラクラ】分断型配置について( Th.11 全壊対策配置紹介 )


皆さんこんにちは。 とろろです。




世界の強豪 「 In The Dark 」 が公開している対戦ログを見ると、どうしても全壊を " 取った数 " に目が行きがちですが、じつは " 取られた数 " が 少ない ことの方が重要です。

20180120a0.png



こういったクランに共通しているのは、とにかく 配置が強い ということです。




極論になりますが、相手が全壊を 1個 も取れず、こっちが全壊を 1個 でも取れれば それで勝ちなワケですから。








ということで今回は、先日の 「 Smoochie Wallace 」 との対戦から、特に印象に残った配置をいくつかご紹介していきたいと思います。

180120a1.png



180120a2.png



180120a3.png



180120a4.png



180120a5.png



180120a6.png



180120a7.png



180120a8.png



180120a9.png



180120a10.png



180120a11.png



どれも見慣れない配置です。(汗)




殆どの配置に共通しているのは、全ての区画が壁でつながっているワケではなく、" 島に分かれている " ということです。

180120b2.png



このように区画を 分断 することの " 強み " は何かというと、



① クイヒーの誘導を難しくする。

② ボウラーの火力を流しやすい。



この2点かなと思います。




① についてですが、まずクイヒーを用いた戦術は 主に次の2つに分類されます。↓↓


a) クイヒーをサイドカットに充て、主力を中心地に向かわせる

180120b4.png



b) クイヒーで中心地に切り込み、外周を他のユニットでカットする

180120b5.png




区画が分断されていると、クイヒーで 任意の位置から 中心地に切り込むのが難しく、一方で 広範囲に渡る外周カットもしづらくなるのです。




特に最近では シングルインフェルノ の流行もあって、区画の " 切れ目 " からインフェルノ側へ誘導された場合、その時点でクイヒー終了となってしまいますからね。(汗)




このような区間の分断は、クイヒーの 開始位置を制限する のに有効な手段であると言えます。




さて②についてですが、ここで一つ防衛リプをご覧ください。↓↓






一度 中心地に入ったボウラーが、施設カットが不十分だった方へと流れ、外周に向かっているのが分かるかと思います。

180120c1.png



そう、重要なのは " 島 " 自体ではなく、島 と 島 の間にできた " 廊下 " なんです。




" 島 " には攻撃が届きにくく、一方で " 廊下 " を自由に動ける状況を作ることで、ボウラーの 火力を外に逃がす ことができるのです。




なんとなく伝わりましたでしょうか?




壁で全てを塞いでしまうと、火力もそこに閉じ込めてしまうってコトですね。




今後の配置づくりの参考になれば幸いです。




今日はこのへんで。 ではまた。 ♪(°▽^ *)ノ⌒☆




スポンサーサイト
2018-01-08(Mon)

【クラクラ】インフェルノタワーの在り方について ( Th.11 全壊対策配置紹介 )


皆さん こんばんは。 とろろです。




今回は、インフェルノタワー 仕様変更 後の配置づくりについて記載していきたいと思います。

20180104a1.png



インフェルノタワーは従来、 その攻撃を受けているユニットを一時的に " 回復無効 " にするといった特性を有していました。




これにより、マルチタゲ仕様では ホグ や ディガー といった、回復で持続させる 戦術であったり、クイヒーに対しても脅威となってきたワケです。




が、先日のアプデ以降、回復無効の特性が無くなったことで、環境が ガラッ と変わってしまいましたね。(汗)




対戦においても、シングル仕様にしているのを頻繁に見かけるようになりました。

20180104a2.png



シングル仕様では 回復が追いつかない ダメージ量まで段階的にアップしていくので、クイヒーを主軸とした戦術に対しては " 抑止力 " となるからです。




ということで、シングルインフェルノを取り入れた、現環境でも使えそうな配置をいくつか集めてみました。




アプデ以前のテンプレに、インフェルノを切り替えただけのモノが多いですがご了承ください。↓↓


1.

20180103a1.png



2.

20180103a2.png



3.

20180103a3.png



4.

20180103a4.png



5.

20180103a5.png



6.

20180103b1.png



7.

20180103b2.png



8.

20180103b3.png



9.

20180103b4.png



10.

20180104a3.png



どれも目新しい感じはしませんけどね...(汗)




ただ 一つだけ言えるのは、従来のような " インフェルノに頼りきった " 防衛の時代は終わったということです。




これからは、インフェルノも 防衛を高めるための一つの " 要素 " として考えていくべきだと思うんです。




例えばインフェルノを単独で隔離するのも良いですが、↓↓

20180106a1.png



複数の防衛施設や、高HP施設に囲まれた中で 攻撃側の タゲが向きにくい ような、↓↓

20180106a2.png



要するに、他の要素との 組み合わせ の中で、インフェルノの " 強み " を発揮できるような区画取りが必要となってくるんだと思うワケです。




勿論、インフェルノを 完全隔離 した場合よりもボウラーのバウンドダメージを受けやすいのは事実ですが...




ボウラーを主軸とした陸攻めに対しては、

20180106a3.png



① 中心地での壁の区画取りを細かくする

② 空白のスペースを設ける


ことで、ボウラーのバウンドダメージをできるだけ奥に入れさせないことが重要です。




その一方で、ホグやディガーなどの、クイヒー を主軸とした編成に対しては シングルインフェルノ で牽制をかけていく、というのが現時点での 最適解なのかな と思っています。




そして、マルチ 仕様のインフェルノについては、使い方次第といったところでしょうか。




というのも、今回のアプデにより 回復無効 が無くなったことで、マルチ仕様ではクイヒーで容易に折られやすくなってしまいました。

20180106a4.png



逆に言えば、相手側の クイヒーのルート取りが予想しやすくなった ということです。




例えば一方をシングル、もう一方をマルチ仕様にしておけば、攻撃側がクイヒーで取るであろうルートをかなり絞り込むことができます。




つまり、解除しづらい対空トラップや、防衛援軍の選定 ・ その他 防衛施設の設置場所など、ある程度 " 山を張った " 配置づくりができるようになったワケです。




極端なことを言えば、シングルがクイヒーを 「 させない 」 のに対して、マルチはクイヒーを 「 誘う 」 、クイヒー対策としての2者の役割がハッキリと分かれたということです。

20180106a5.png



そして、インフェルノの使い分けに、他の施設やトラップ・壁の配列 等を上手く 組み合わせて いけば、防衛面でも十分 戦っていけると思うんです。




ダラダラと書いてしまいましたが、今後の配置づくりの参考になれば幸いです。




最後に、遅ればせながらではありますが、







アケヨロコトオメの極み( 2018 version )!!








でございます。(笑)




こんな私ですが今年も宜しくお願いします。(*´・∀・*)




今日はこのへんで。 ではまた。





2017-12-08(Fri)

【クラクラ】タウンホールの在り方について考えさせられる回 ( Th.11 全壊対策配置紹介 )

【クラクラ】タウンホールの在り方について考えさせられる回 ( Th.11 全壊対策配置紹介 )の続きを読む
2017-09-16(Sat)

【クラクラ】クイヒー対策について ( Th.11 全壊対策配置紹介 )

【クラクラ】クイヒー対策について ( Th.11 全壊対策配置紹介 )の続きを読む
2017-08-13(Sun)

【クラクラ】クイヒーディガー対策について( Th.11 全壊対策配置紹介 )

【クラクラ】クイヒーディガー対策について( Th.11 全壊対策配置紹介 )の続きを読む
プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: