2017-08-16(Wed)

【クラクラ】今更 サイドカット解説


皆さんこんにちは。 とろろです。




今回は、主に 初心者 ~ 中級者 を対象とした、クラクラ戦術における基本中の基本、サイドカット についての解説をしていきたいと思います。




というのも、当ブログでは普段、主に Th.9 ~ 11 あたりのプレイヤー向けの内容を取り上げており、" サイドカット " や " " といった用語が当たり前のように出てきます。




にも関わらず、それについてブログ内で一切の説明もなく 「 そのへんは自分で調べてくれや 」 ではあまりにも不親切かなと思ったので...




上級者の方も、懐かしい目線で見てもらえればと思います。 (*´﹀`*)




【 カットとは 】

20170816a0.png



クラクラにおける " カット " とは、施設を破壊する ことです。




ただし、やみくもに施設を破壊するのと違い、カットと言う際には何かしら 次の行動に繋げるための施設破壊 である場合が殆どです。




例えば、壁の外にある迫撃砲にゴレが向かわないよう事前にバルーンで破壊したり ...

20170816a1.png


現環境で一番分かりやすいのが、ウォーデン単体で防衛施設の射程外から攻撃するヤツですかね。




一方で、村の四隅にある大工の小屋をアチャ等で破壊する場合、カットとは言わずに むしろ " 回収 " といった言葉で表現されることの方が多いです。




【 サイドカットとは 】

20170816c1.png



例えば配置の中心に位置するタウンホールを破壊するために、タウンホールを破壊するよう 祈りながら ヒーローおよびユニットを出したところで、まず間違いなくタウンホールには向かってくれません。(汗)




なぜなら、ユニットにはそれぞれ 優先攻撃目標 があり、それがタウンホールよりも自身に近ければ当然そちらに釣られていくからです。




それぞれのユニットが向かうであろう方向をタウンホール側へ 一直線に揃える ため、両脇の邪魔な施設 ( ) をカットすること、それが サイドカット です。

20170816a3.png


画像検索で " Side Cut " と検索すると、ツーブロック的なヘアスタイルの画像が沢山 出てきますが、その言わんとする所はだいたい一緒です w




【 面とは 】

実際にサイドカットを考える場合、上述のように施設 1コ 2コ の話では無くなってくるワケです。




そこで登場するのが、" " という考え方です。

20170816a4.png


クラクラでいう所の面は、どちらかと言えば数学的な意味での面に近いかもしれません。




ある程度の広さ ・ 範囲があり、そこに含まれる 施設の集まり みたいなモンです。




ただし、図のように必ずしも壁で囲まれた部分とは限りません。 (後述)




タウンホールまでの道を切り開くためには、両脇 (サイド) の施設を数多く破壊していく必要があるため、これらをまとめて 一つのブロック として捉え、カットの対象とすること、これが " 面を取る " ということです。




【 面の中心とは 】

サイドカットの様子が最もよく分かる攻め方が、かつての ゴレウィズ3面攻め です。↓↓


( Th.10 時代の私のリプです w )


同格から ☆2 を取れば満足という、良き時代です ...




ゴレウィズではまず、両サイドの施設の並び ( 面 ① ・ ② ) に対し ゴレ1体 + ウィズ数匹 を展開していきます。 ( ← コレがサイドカット )

20170816a5.png



面 ① ・ ② のカットに続いて、その に挟まれた位置にある施設に対してゴレ ・ ウィズを展開し、その後ろからタウンホール破壊役のユニット ( ババキン ・ ペッカ ・ ゴブリン w など ) を追随させていきます。




この、タウンホール破壊役の投入口にあたる 面③ が、" 面の中心 " に相当します。




【 面の広さ 】

" 面 " は攻める前に自分の頭の中で 想定 するものであり、必ずしも上記リプのようにキレイに壁で囲まれているワケではありません。




かつてのゴレウィズ対策村として知られる " Southern Teaser 型 " では、6 時方向に大きく開けた空間があります。↓↓

20170816c2.png



このような配置を攻める際には、たとえ壁で区切られていなくとも 自分でおよその範囲を決め、それらを3面としてユニットを出していく必要があります。

20170816b1.png


もし仮に サイド面② のカットが少しでも遅れたら、もしくは施設の取りこぼしがあったとしたら、面の中心 ③ から出したユニットはタウンホールへ向かわず 面② の方へと流れて行ってしまいます。




これが当時のゴレウィズを難しくしていた要因の一つであり、攻めの技術が問われた部分でもありました。




このように、" 面 " は自分で決めるものであるため、その広さも常に一定ではありません。




では " 面の広さ " は何に関わってくるかと言うと、そこに必要な " ユニットの数 ・ 種類 " に直結してきます。

20170816b2.png



狭い範囲 を1面とした時、そこに 30 枠のゴレを当てるのは勿体ないです。




逆に 広範囲 にわたる施設の並びを一つの面とした時、HPが有限のユニット ではとてもカットしきれません。




そこで編み出されたのが、" クイヒー " です。




今でこそ、クイヒーと言えば中心地まで深く切り込んでいく 上級テクニック とされていますが、元々は サイドカットの一つの手段 だったんです。




クイヒーでのサイドカットが良く分かるリプです。↓↓


( これまた Th.10 時代 w )



クイヒーで 面① を広範囲でカット、次いで 面② をゴレウィズでカット、これらサイドカットが済んだ時点で 面の中心③ から主力を投入することで、タウンホールがある中心地へ一直線に向かってくれます。

20170816b3.png



使用している編成は異なるものの、やっていることは同じなワケです。




【 最後に 】

昔と違い今では、ボウラーをテキトーに放り込めば自然とサイドカットできてしまう悲しい時代ですが、攻める際のサイドカットの考え方 ・重要性は今でも変わりありません。




そして、既存の、および今後 台頭してくるであろう多くの配置に対して サイドカット ・ 面 の考え方はきっと役に立つと思うので、是非 意識してみてください。




スーパー長くなってしまいましたが、今日はこのへんで。




ではまた。 (-ω´-、)ノ゛




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: