2018-02-27(Tue)

【クラクラ】重ラバ再興の兆しについて


皆さま こんばんは。 とろろです。




今回は、先日の中華クランとの対戦から、相手側の攻撃で 個人的に印象に残った 空攻め を取り上げていきたいと思います。




早速ですが、まずは2つのリプレイから↓↓






今回のポイントは、ラバを 4体 使用しているところです。

20180227a1.png



20180227b1.png



このようなラバ多めの編成としては、過去に 重ラバ ・ ペンタラバ といった戦術が流行したワケですが、




過去のアプデにより、バルーンの攻撃間隔が 4 秒 から 3 秒 に変更されたことで、施設を一撃で仕留めるのに必要な バルーンの配分数 が変化し、事実上の " 空の弱体化 " を受けました。  ( → 参考




さらに、アーチャータワーのレベル上限の引き上げに伴い、より多くの配分数が必要となったことで、ラバに多くの枠を割く これらの戦術は衰退してしまったのです...

20180227a5.png



しかしながら、環境の変化によって、再びラバ多めの編成が息を吹き返してきたようです。




その要因の一つが、「 シングルインフェルノの流行 」 です。




前回の投稿では、シングルインフェルノに対して、ラバを使わず " バルーンだけで押し切る " といった戦術をご紹介したワケですが、

20180219a5.png



シングルに対し " あえて " ラバを多く当てる場合では また違ってきます。

20180227a2.png



というのも、マルチインフェルノが主流だった頃には、インフェ 付近で弾けた パピィ は もれなく複数攻撃で焼かれてしまっていたのですが、(汗)




シングルの場合、この パピィ がタゲを上手く 散らし つつ、防衛施設を攻撃してくれるので、結果的に他のラバルを長持ちさせることになるのです。




そして、多くの 回収ユニット を生産できる点も重要です。

20180227a3.png



ラバは、ゴレと同じ 30 枠でありながら、14 体のガゴを内蔵している時点で、単体で既に ユニットの節約 ができてるんですよね。




そこが空の " 強み " でもあるワケです。




重ラバ再興の、もう一つの要因は、th.11 における 「 最大ユニット枠の拡張 」 です。

20180227a6.png



これによって、これまでの編成を大きく変えることなく、ラバを1体多く積んで行けるようになりました。








最後に、ラバを4体使用したハイブリッドのリプも貼っておきたいと思います。




編成はコチラ↓↓

20180227c1.png



コチラがそのリプです。↓↓




はじめ、ボウラーキルスクワッドで配置の " 凹み " から一気に切り込み、クイーン ・ 援軍さらにはエアスイまで処理していきます。(汗)

20180227c2.png




その後の空の展開では、バルーンに対し クローンの呪文 を使うことで、陸パートに割いたユニット枠を上手く補っています。

20180227c3.png



すごいですね。




今後 編成を考える際に、何かしらの参考になれば幸いです。




今日はこのへんで。 ではまた。 ♪(´・∀・`)ノ))




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: