2015-09-23(Wed)

【クラクラ】クイヒーの時代


皆さんこんにちは。とろろです。



今日は最近主流となってきている、クイヒー(アチャヒー)編成でのth.10全壊リプをご紹介したいと思います。



人によっていろいろ呼び方は異なるかと思いますが、アチャクイにヒーラーを3~5体くっつけて外周をカットし、その後ラヴァゴレやホグ等で蹂躙するというのが一般的に知られている戦法です。

20150922a.png



最近では壁の区画取りが少なく、全体的に広い配置が流行っていますが、こういった配置は攻撃側がユニットの動きをコントロールしづらいというメリットがある一方で、個々の防衛が薄くなりがちな傾向にあります。
このため、アチャクイは数体のヒーラーを付けるだけでも十分耐えることができ、かなりのパーセンテージを稼ぐことができます。



現在、私は「Epic MERK」というクランに所属していますが、クイヒーやゴレホグ・ラバゴレなど多種多様な戦術を使って☆3を取るプレイヤーが多く、かなり勉強になります。
特に、クイヒーの編成で1回目の攻撃から☆3を取るプレイヤーが数人ほどおり、ヒーラーを使った戦術は常套手段となりつつあるんだなぁと実感しています。



さて、1本目の編成はこちら↓↓

20150923a.png



こちらがそのリプです↓↓

この場合では防衛側の村がth.9カンストに毛が生えた程度のものであったため、この編成に限らずとも☆3が取れていたかも知れませんが、注目して頂きたいのは援軍の処理です。

20150923b.png


ドラゴンやバルキリーなど、高HP高火力のユニット相手にロイヤルクロークを使わず、ヒーラーに重なるようレイジをかけることで一気にHPをリセットしているのが分かります。



ラバゴレ編成とクイヒーからのラバルーン編成とを比較したときに、決定的に異なるのは全てのバルーンがいなくなってしまった後でもタウンホールを破壊できる可能性があるかないかという点です。



ラバゴレにおいては、序盤で防衛側のヒーロー・援軍・対空砲などを処理できればヒーローの役目はそこで終わりで、それ以降ヒーローのHPは減る一方であるため、タウンホールに辿り着く前に気絶してしまうことが往々にしてあります。



例えヒーローが中心地に到達できたとしても、中心地の防衛設備を破壊しきれないまま全てのバルーンが落ちてしまった後では、特殊能力を使いきった以上タウンホールを破壊するのはかなり厳しいと言えます。



すなわち、ラバゴレは中心地の防衛設備を全て破壊できて初めて☆3を狙える編成であり、そうでなければタウンホールを破壊できず☆1で終わってしまう危険性を孕んだ編成でもあるということです。



一方で、クイヒーを用いた場合では、中心地の防衛設備を破壊しきれずに全てのバルーンがやられてしまったとしても、アチャクイとヒーラーが生き残ってさえいれば、タウンホールを破壊できる可能性があります。
そして、レイジ+ヒーラーでロイヤルクロークを後半まで温存することで、さらにその可能性を高めることができるというワケです。



とは言っても、実際にドラゴンの攻撃を受けて急激に体力が減ったら、私だったらすぐにクローク使っちゃうと思いますが。(汗)



続いてのリプでは、序盤に防衛側のアチャクイも援軍も処理することなく☆3を取ってしまっています。
編成はこちら↓↓

20150923c.png



こちらがそのリプです↓↓

多めに積んだガーゴイルが、援軍のドラゴンとアチャクイを処理しているのが分かります。

20150923h.png



そして終盤、もうバルーンは残っていませんが、ここからガーゴイルとヒーローで全壊まで漕ぎつけています。

20150923i.png





クイヒーは、ヒーラー以外の枠に関しては攻める村によっていろいろと編成をいじることができ、本当にオールマイティな戦術だと思います。
私の村でも、もうすぐアチャクイがLv.35になるので、クラン対戦などで少しづつ練習していこうと思っています。



長くなってしまいましたが、今日はこのへんで。では。(●’∀`)ノサラバ



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: