2016-06-27(Mon)

【クラクラ】クローンの呪文について


皆さんこんばんは。とろろです。



今回は、アプデ以降いつの間にか使えるようになっていた(笑)クローンの呪文に関して、簡単な検証を行ってみました。

20160626b.png


クローンの呪文を一言で言い表すと、「クローンを生成する呪文」です。(汗)



... ゴメンナサイw



今回は、ユニットの感知ならびに他の呪文との併用についてリプとともにご紹介していきたいと思います。



【クローンの生成について】

はじめに、クローンの呪文の基本的な仕様について、呪文をユニットの前方に投下した場合と、後方に投下した場合とで比較を行いました。

① ユニットの前方に投下した場合

20160626c.png


投下した呪文にユニットが差し掛かると、呪文の範囲内すなわちユニットの前方にクローンが出現しました。


② ユニットの後方に投下した場合

20160626d.png


呪文をユニットの後方に投下したとしても、クローンは呪文の範囲内すなわちユニットの後方に出現しました。



クローンは、対象ユニットの周囲ではなく、呪文の範囲内で生成されるということが分かります。



個々のクローンの出現座標についての規則性は認められませんでしたが、クローンの呪文自体が他の呪文と比べて範囲円 (円状の輪郭) が非常に狭いために、個々の出現座標を正確にコントロールする必要性が果たしてあるのか (?) といった印象を受けます。



【ユニットの感知について】

クローンの呪文は、呪文の有効範囲内でユニットを感知すると同時にクローンを生成します。

一匹目のバルーンを見事に外していますがw ... わざとですよ。わざと。(汗)



呪文がユニットを感知すると、その位置に黄色いスポットが観測されます。

20160626f.png


呪文を先掛けした状態でユニットを通過させるとよく分かりますが、このスポットは呪文円の外側1マスまで確認できることから、クローンの呪文は見かけの輪郭円+1マスの有効範囲でユニットを感知していると言えます。



【他の呪文との併用について】

次に、他の呪文から影響を受けているユニットに対してクローンの呪文を使った場合、生成したクローンが呪文の効果を覚えているかということを調べてみました。



結論から申し上げますと、クローンは前の呪文の情報を覚えていません。



よく考えれば当たり前の事なのですが、一応どのような検証を行ったかについて以下に記述していこうと思います。



まず、呪文の影響を視覚的に捉えやすいものとして、ヘイスト・レイジ・ジャンプの3つが挙げられますが、今回はヘイストとジャンプの2つを取り上げました。



① ヘイストとの併用

ユニットにヘイストが作用すると、移動速度が上昇します。 この効果は、ユニットがヘイストの範囲円から出た後も一定時間だけ持続しますが、その間に生成したクローンの挙動について見てみました。↓↓

オリジナルのバルーンがヘイストによる速度上昇を受けているのに対し、生成したクローンは通常の移動速度であることが分かります。

20160626o.png


これは単純に、クローンユニットがヘイストの範囲外で生成しているためです。



クローンユニットがヘイストの範囲内に生成されれば、そのユニットのみ速度上昇の影響を受けます。↓↓

ヘイスト範囲内に出現したジャイアントだけが速度上昇しているのが分かるかと思います。

20160626k.png




② ジャンプとの併用

ジャンプの呪文に関しては少し特殊なので、ある程度その仕様について知っておく必要があります。



ジャンプの呪文については、山田さんのブログにて世界一わかりやすく解説していますので、そちらも合わせてご覧下さい。

↓↓↓↓

ジャンプの範囲拡大について(途中)


ジャンプの範囲内に入ったユニットはジャンプ状態となって壁を飛び越えられるようになります。 ジャンプ状態は呪文の範囲から外れた後も一定時間持続しますが、すぐに切れてしまいます。

20160626g.png


この場合、壁の手前に投下されたジャンプ内でジャイアントは一度ジャンプ状態となりますが、範囲から出た後ジャンプ状態が切れたことにより壁を殴っています。



ユニットの移動速度にも依存しますが、ヘイストやレイジによる速度上昇を付与することによって、ジャンプ状態が切れる前に壁を飛び越えることが可能となります。

20160626m.png


本題に戻りますが、生成したクローンがジャンプ状態を覚えているか確かめるため、下図のように呪文を投下しました。↓↓

20160626l.png


こちらがそのリプです。↓↓

ジャンプ状態でヘイストの範囲内に入ったオリジナルと、ジャンプとヘイストの両範囲内に出現したクローンのみ壁を飛び越えているのが分かるかと思います。

20160626i.png


以上のことをまとめると、


1. オリジナルのユニットが呪文の恩恵を得られていたとしても、出現するクローンはその恩恵まではコピーしない。

2. クローンが呪文内に出現すれば、オリジナルとは別にその効果を得ることはできる。


ということになります。



これらの挙動は至極当然のことなのですが、ユニットが呪文の範囲外に出た後も効果が持続するために上述のような疑問が生じます。



【おわりに】

クローンの呪文は現状4枠と、効果に対して結構な枠を食うので4連アースクエイクほど需要はありませんが、最大でクランの城の援軍と同じだけのユニットを体力MAXで召喚できるのは確かに脅威です。



呪文の収容可能数は11なので、個人的にはクローンが3枠であればもっとフレキシブルに編成を組めるのになぁと思ったり思わなかったり。



クローンユニットの“ 塊 ”としての出現位置はある程度コントロールできるので、オリジナルの前方に出すか後方に出すかという議論になってくるワケですが、個人的にはオリジナルの後方に出現させて他の呪文で補うといった使い方がいいのではないかと思います。

一方で、オリジナルの前方に投下した場合には、クローンを防衛設備のすぐ傍まで一気にテレポートさせるといった奇襲性もあるため、現段階では一概にどちらが効果的であるかを決めることはできません。



ただ、前方に出現させる際には他の呪文の投下位置にも配慮したいところです。



今後は、実戦におけるクローンの呪文の活用についても検証していきたいと思います。



今日はこのへんで。ではまた。Zzz…[布団]σω-`o)。o○ おやすみ~♪




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: